デジタルダビング|ビデオテープのダビング専門サービス

ブログ

2021年07月15日

【なんで今さら!?】あのVHSを復権したら若者に大人気!?

なんとも面白いニュースが飛び来んできました!

圧倒的な存在感

渋谷のTSUTAYAでVHSの貸し出しが新設されました!

なんと、びっくりです。

レンタルVHSが6000本~7000本あるそうです。

圧倒的な存在感!数の暴力(笑)

お店に入れば、天井ぎりぎりまで並べられているVHSのその数に圧倒されることでしょう。

”映画に埋もれる”体験をしてほしいという願いで

「動画配信サービスは膨大な作品を有しているとはいえ、限られた画面のなかで作品が目につくように、配置の恣意性が強くなっている部分があると思います。一方、実際の店舗は一回で目にする作品数、目に入る情報量が物理的に多いんですよね。それも良さの一つだと考えています。」

意外にも若者の反響が大きい

ビデオレンタルに慣れ親しんだ30代~50代がメインターゲットだったのですが・・・

なんと20代の若い方が利用されているようです。

なぜ?????

理由は

『DVDで見られず長年探していた作品についにVHSで出会えました』

そうなんです。VHSの映画はDVD化されていない作品がいっぱいあるんです。

なので、今ではほとんど見ることができないのです。

名作がたくさんあるのに残念です。。。

ビデオデッキのレンタルも可能

こちらでは、ビデオテープの他にビデオデッキの貸し出しも行っています。

たしかに、今でも現役で使っている人はほとんどいないと思います。

とても助かるサービスですね!!

今では味わえない「面白さ」

VHSの時は、デジタルではなく、アナログ放送でした。

なので、映像の画質や音声の質はあまり良くありません。

むしろ、ビデオテープを再生していく毎にテープが擦れて悪くなっていきます。

しかし、そこに「面白さ」があります。

“何度も繰り返して再生されてきた箇所がわかる”からです。

デジタルでは楽しめない面白さだね!

また、レンタルというのはストーリーが生まれる。

リアル店舗でレンタルする場合は、手に取って悩んで借りるというプロセスが挟まり、作品を見るまでのすべてが、そこでしか得られない体験になる。

家で映画を選んでダウンロードするのは違う感覚がそこにはあると思います。

まさかの「VHS」復権…?渋谷のTSUTAYAが「ビデオコーナー」を拡充したワケ(A4studio) | マネー現代 | 講談社(1/5) (ismedia.jp)

デジタルダビング

「記録も記憶も、たいせつ」のもと、昔のビデオテープのビデオダビングを行っています。

大事な記録映像がなくなる前にデジタル変換しませんか!?

【思い出のビデオテープ奥にしまったままではないですか!?】

子どもの成長記録や結婚式、旅行の思い出など。ビデオテープには寿命があるため、思い出がなくなるかもしれません。大切な記録は残しておきましょう!

TEL:0480-99-1328
(平日・土曜10時~17時)