デジタルダビング|ビデオテープのダビング専門サービス

ブログ

2021年06月30日

【おまかせ】ビデオダビングを業者にオススメする理由

自分でもできるビデオダビングをどうして、業者にまかせるのがいいのでしょうか!?

今回はこちらの内容をお話します。

迷っているあなた!今すぐビデオダビング業者にお願いしましょう。

ビデオダビングを業者にオススメする理由

結論から申しますと

ビデオダビングの手間が圧倒的に短縮できるからです!!

手間暇というのはビデオテープをデータ変換してDVDなどに変換する時間のことです。

詳しく内容を説明していきます。

ビデオダビングは時間がとてもかかる

ビデオテープの映像をDVDまたは動画データに変換する場合は、ビデオテープの録画時間分の時間がかかります。

例えば、録画時間が2時間のビデオテープを変換するには、まず録画時間の2時間かかります。
その後に、DVDにデータを焼き付けます時間があるので追加で15分くらいかかります。

ビデオテープ1本をDVDするのに2時間~2時間30分くらいかかると思います。

数本程度でしたら、少しずつビデオダビングを行っていけばそこまで手間ではないかもしれません。

しかし、何十本もビデオテープがあると、莫大な時間と手間が発生します。

個人で何か月もかかるビデオダビングを業者に頼ねば、1か月程度にDVD変換してくれます。

個人でもできるビデオダビングですが、労力を考えると頼んでしまうのも得策だと思います。

再生するビデオ機器やビデオダビングソフトの準備が必要

もちろん、ビデオテープだけあってもビデオダビングをすることはできません。

などなど。。。

ビデオダビングする方法はいくつかあります。

最も簡単な方法はビデオダビング専用の機械を使ってダビング変換することです。

だいたいビデオダビングの機器類をを揃えると数万円はかかります。

ビデオ機器はレンタルしているお店があり、多少安くすることもできます。

ご自身で行うのもいいですが、ダビング業者にまかせるのもいいかもしれません。

ビデオテープの状態によってはダビングができないかも

ビデオテープは今から20年~30年前に最も使われていました。

今でも現役で使っている人は少ないと思います。

そうなると、長い間使われていないためビデオテープの状態が悪くなっているかもしれません。

また、ビデオテープは再生デッキとの相性がありまして、相性によっては再生できない場合があります。

せっかく、自分で買ったのにビデオダビングができないことも。。。

ご自身で行う場合は少し、ビデオダビングの知識が必要なことがあります。

その他に、ビデオテープの保存状態が悪いとカビが生えたり、テープ切れがあったりなどあります。

その場合は修理やクリーニングの手間がありますので、ご自身で行う時は面倒です。

ダビング業者によっては、修理やクリーニングを行っているところもあるので、まかせるのが手っ取り早いですね。

意外とダビング業者に任せても料金が安い

ダビング業者に頼むと高いイメージあったりしませんか!?

高いところだとダビング料金が1本1,000円を超えますが、安いところはワンコイン500円でダビングできます。

たくさんの店舗を構えている大手のダビング業者はダビング料金が高いです。

しかし、インターネットを中心に運営しているお店は比較的ダビング料金がリーズナブルです。

近くのお店に直接ダビングのお願いする方法と、安いお店に郵送してお願いする手段もあります。

多くの方はダビング料金の違いにびっくりされると思います。

日本は荷物の郵送システムがしっかりしていますので、荷物が届かないや無くなるという心配はほとんどありません。

いろいろなお店を見比べることが大切だと思います。

まとめ

個人でもできるビデオダビングですが、古いものであるためもしものトラブルが起こったります。

そんなことがあるので、ビデオダビング店に頼むのをオススメします。

また、費用を抑えるために自分でビデオダビングを行ったつもりが業者に任せても金額は変わらなかった。

ってこともありますので、ビデオダビング店を検討されてもいいかもしれません。

【注意】ご存知ですか!?ビデオダビングサービスの比較ポイント3選

知っていれば安心!ビデオDVDダビング業者とのトラブル4選

【思い出のビデオテープ奥にしまったままではないですか!?】

子どもの成長記録や結婚式、旅行の思い出など。ビデオテープには寿命があるため、思い出がなくなるかもしれません。大切な記録は残しておきましょう!

TEL:0480-99-1328
(平日・土曜10時~17時)